目の病気ガイドトップ > レーシックレーシックで乱視は治る?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レーシックで乱視は治る?

レーシックは乱視でも受けられる

レーシック治療において、従来の方法においては対象となるのが近視の矯正と言う側面が強く、乱視傾向の強い方はレーシックを受けられないと言うこともありました。

そのため、レーシックは乱視では受けられないと言う認知が広がってしまった点もあり、今でも乱視だからレーシックは受けられないと思ってしまっている方も多いのではないかと思われます。

乱視矯正にも効果的

しかし、近年のレーシックにおいては技術、設備共に進化しており、乱視の原因である角膜の屈折異常においても十分な治療を施すことができるようになりました。

よって、レーシック手術によって乱視を治療することは決して不可能ではなくなってきているのです。
これにより、乱視によってレーシックを諦めていた方でも、視力回復、乱視矯正の道が開けたと言えるでしょう。視力回復と乱視の矯正が同時に行えるのであれば、まさに理想的な治療方法の一つとも言えるかもしれません。

乱視矯正は断られる場合がある

しかし、乱視治療に関するレーシック手法は、技術面、設備面において十分なものである必要があり、まだまだレーシック対応クリニックでは受け付けてもらえないケースも存在しています。現在乱視に悩みながらもレーシックを希望している場合は、設備、技術共に最新鋭のものを有しており、手術実績の多い信頼できるクリニックに依頼してみるようにしましょう。

強度の乱視に悩まされている場合でも、その旨を伝え、どのような手術方法が適しているかを問い合わせることにより、腕が確かなクリニックであれば、的確な手法を教えてもらうことが出来るはずです。

スポンサードリンク

レーシックで乱視は治る?は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.