目の病気ガイドトップ > レーシックレーシックの後遺症・合併症


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レーシックの後遺症・合併症

後遺症、合併症の事例は極わずか

レーシックにおいて、多くの方が持つ不安要素の一つが「手術後の後遺症や合併症」に関するものであると思われます。レーシックは手術であると言うことから、直接目に触れて治療を行うものです。

そのため、傷口からばい菌が入り込み、感染症を引き起こす可能性があるのではないか、手術後の経過によっては思わぬトラブルが発生し、合併症を併発してしまうのではないかと言う不安を持たれるのも当然の話と言えるかもしれません。

後遺症・合併症について

多くの場合で勘違いされやすいのですが、レーシック手術後においては一時的に小さな光がまぶしく見えたり、光がぼやけて見えたりすると言う事例は起こりやすいものであるのは確かなものの、これらは後遺症でもなければ合併症でもありません。

これを「グレア現象」「ハロ現象」などと呼び、一時的に起こりえる症状で、すぐに収まっていくものです。術後の回復経過として可能性のあるものではありますが、以後の後遺症になったり、合併症を引き起こすようなものでは一切無いのでご安心下さい。

医師の指示を守ることが重要

ただし、レーシック手術は安全性の高い手術の一つであるものの、手術後に医師の指示に従わず、目の酷使を繰り返す、早期にスポーツを開始するなどの生活を送ってしまうと、本当に後遺症、合併症を引き起こすリスクは高まってしまいます。

手術後は目の環境が正常化され、通常の生活に戻っても問題ないと医師からの判断を受けるまでは必ず指示に従うようにしましょう。

スポンサードリンク

レーシックの後遺症・合併症は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.