目の病気ガイドトップ > レーシックレーシックで失敗する原因


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レーシックで失敗する原因

リスクも含めた正しい知識を身に付ける

視力回復の手段の一つとして注目を集めているレーシック手術ですが、テレビやメディアにおいては時にネガティブな情報が流されることもあります。

例えば感染症のリスクが高い、後遺症や合併症のトラブルが続出しているなど、レーシックそのものが危険であることを前提にした報道がされることもありますが、実は全くの誤解である場合も多く、実はレーシック手術ほど安全性の高い手術も少ないことに関する認知が遅れているのも事実であると言えるかもしれません。

日本国内での失明事例はない

基本的に、レーシック手術における失明のトラブルに関しては、日本国内では実は1件もありません。つまり、レーシック手術の失敗による失明は無いと断言してもいいでしょう。また、レーシック手術後に頻発されると言われている症状として多い、小さな光がまぶしく見える、暗い場所が明るく見えるなどの症状や、光がぼやけて見づらいと言った減少も、一時的なもので、すぐに収まります。

レーシック手術でのトラブル事例

時に合併症や感染症のリスクから失敗談が報告されることもありますが、理由は大別すると「腕が悪く、設備面、衛生面がずさんなクリニックを利用した」と言うケースがひとつ。こちらは考えられないほど格安のクリニックを利用した場合に多いと言われるものです。

もう一つは手術完了後、医師の指示に従わない、目を酷使した生活を最初から続けていた、処方された点眼薬の用法を誤った際に起こりえるケースです。

レーシックにおいて最も重要なのは、腕が確かで、最新鋭の設備を持っているクリニックを選ぶことです。失敗の原因のほとんどが格安と言う言葉に惹かれ、十分な設備の無いところを利用したり、医師の指示を無視すると言った場合であり、レーシックの失敗事例自体が非常に稀なケースであるのは間違いありません。

スポンサードリンク

レーシックで失敗する原因は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.