目の病気ガイドトップ > レーシックレーシック出来ない人


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レーシック出来ない人

手術が受けられない場合も

視力回復のための手術として利用者が増えているレーシック手術ですが、残念ながら全ての人が同様にレーシック手術を受けられると言うわけではありません。稀ではありますが、中にはレーシックが出来ないと判断されるケースも存在しているのです。

施術が受けられない事例について

まず、問診、検診時に目の異常が発覚した場合や、眼病を患っている場合においてはレーシックを受けることは出来ません。レーシックは直接目に触れる手術でもあるため、目に疾患があると傷口から感染症を引き起こしてしまうリスクがあるためです。しかし、事前に治療を開始し、健康な目の状態に戻すことが出来ればレーシックを受けることが出来る可能性が高くなること、問診、検診時に発覚した場合でも、適切な処置を取ることで、一定期間後に手術を受けることが出来る場合があります。

もう一つは、角膜の形状が複雑である場合や、角膜の厚さが非常に薄い場合はレーシックが出来ない可能性があります。角膜は人によってそれぞれ違いがあり、どれ一つとして同じではありません。稀ながら、角膜の凹凸がレーシックに適していない場合もあれば、角膜が非常に薄く、角膜上皮を切り取ることが困難であると判断された場合は手術を受けることが出来ない可能性があるのです。

諦めず、まずはクリニックに相談を

しかし、近年においては技術の進歩や設備の向上により、手術の精度が高まったことから、これまでレーシックが出来なかった方でも手術を受けられる可能性が高くなりました。

これまでレーシックを希望していながらも、事情によって断られていた方であっても、腕が確かで十分な設備を持つレーシック対応のクリニックであれば手術を受けることが出来る可能性があります。
まずは問い合わせをする、問診予約をするなどし、確認を取ってみるようにしましょう。

スポンサードリンク

レーシック出来ない人は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.