目の病気ガイドトップ > レーシックレーシックって痛みはあるの?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レーシックって痛みはあるの?

レーシック手術の不安要素

これからレーシックを受ける方や、現在レーシックを受けることを検討している方の多くで恐らく抱えているであろう不安の一つに「痛み」に関するものがあるかと思われます。
レーシックは手術であるため、直接目に触れるものであり、非常にデリケートで敏感な部位でもあることから、その不安は非常に大きなものとなってしまうのではないでしょうか。

術中の痛みはほとんど無い

しかし、レーシック手術を受けた方のほとんどにおいて言われるのは、「あっという間に終わり、痛みを感じる暇も無かった」「麻酔点眼薬を使っているので、目の周囲がぼやけ、何も感じないうちに手術が終わった」などのようなものです。つまり、基本的にレーシック手術による痛みはほとんど無いと考えてもいいでしょう。ただし、手術後において医師の診断に従わない生活を送る、処方された薬の使用を怠るなどすると痛みを伴うトラブルが発生する場合があるので注意が必要です。

レーシック手術自体は入院の必要もなく、30分程度で終了するものですが、以後はしばらくの間、目を労わる生活を送ることが必須となるため、最初から目を酷使するようなことはしないようにしましょう。

術後は医師の指示に従う

また、レーシック手術の方法によっては一時的に痛みを伴う場合があります。代表的なのがエピレーシックですが、これも一時的なものであり、手術後の完治も早くスポーツにも適したレーシックでもあるため、継続的なものではありません。

基本的な手術においては痛みを感じることはほぼありませんが、不安に感じられる場合は医師としっかりと相談し、十分に理解を深めることで恐怖心も和らいでいくことかと思われます。

スポンサードリンク

レーシックって痛みはあるの?は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.