目の病気ガイドトップ > レーシックレーシックの適応検査


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レーシックの適応検査

手術をするには適応検査が必須

レーシック手術を受けるためには、まずは初回に問診と検診を受けることになります。
問診で現状の目の状況を申告、相談し、検診にて角膜の形状や厚さ、その他目に関する状態などを調べることになりますが、この段階で角膜の形状が複雑なものになっている、眼病を患っており、現状で手術が困難と判断された場合はレーシックの適応が出来無いと言うことで、手術が受けられない旨を通達される場合もあります。

レーシック適応検査は確実な手術を行うために必要なのはもちろん、少しでも患者にリスクを負わせないためのものであるため、問診、検診による適応検査で引っかかった場合はレーシックを受けることは出来ません。

レーシック手術が受けられない理由

ただし、眼病を患っている場合であっても、直ちに治療を行い、症状を改善することが出来れば、再び適応検査によってレーシックを受けることが出来る可能性が高くなること、腕が良く、十分な設備を有している眼科、クリニックであれば複雑な角膜の形状であっても対応してもらえる場合があります。

特に最近では各個人の角膜の形状に合わせて適したレーシック手術を行うことが出来る環境が揃っているため、十分な設備を持っているところで適応検査を受けることで、レーシックを受けられる可能性は高くなるでしょう。

まずはクリニックに相談してみる

適応検査によるレーシックの可否は眼科、クリニックによって変わってくる場合もあります。
何度も眼科やクリニックを往復しなくても良いように、最初から腕が確かで最新の設備を持っているレーシック眼科にまずは問い合わせをしてみる、適応検査を受けてみるなどすれば、十分に手術を受けることが出来るはずです。

スポンサードリンク

レーシックの適応検査は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.