目の病気ガイドトップ > レーシックエピレ―シックの特徴


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エピレ―シックの特徴

激しい運動にも対応できるレーシック

従来のレーシックにおいて、大幅な視力回復が望めるのはもちろん、その安全性においても確かなものであると言う認知は広まりつつありますが、従来のレーシックにおいてはどうしても避けられないデメリットがありました。それはレーシック手術の特徴のひとつである、角膜上皮の削り取りにおいて、視力回復のためのレーザー照射後、削り取った角膜上皮を再び元の位置に戻し、自然に癒着するのを待って治療完了と言う流れになるのですが、この角膜上皮が完全に癒着するまでには一定の時間が必要になるのです。
当然、期間中は点眼薬を使うので、少しでも早期の癒着を目指すことにはなりますが、数ヶ月程度は激しいスポーツなどができません。完全に癒着していない状態で格闘技やサッカーのように目の付近に衝撃の出る可能性のあるスポーツにおいては、角膜上皮がずれてしまうリスクがあるのです。

エピレーシックの施術方法

これを解決することが出来るレーシック手法が「エピレーシック」です。
エピレーシックでは、角膜上皮を削り取る際に、必要最低限の部分のみを削るため、癒着が非常に早く、さらに最終的にはその角膜上皮が消失し、新しい角膜上皮が再生されるため、角膜上皮がずれる心配がなくなるのです。

ただし、デメリットとしては角膜上皮の削り取りが非常に薄くなるため、神経の集中している箇所を通ることになることから通常のレーシックに比べて痛みが伴いやすいこと、視力回復においても従来より数日程度遅くなる場合があります。また、手術後は角膜を守るために専用のコンタクトレンズ装着が義務付けられ、多少の不便を強いられることになります。

全てにおいて優れている訳ではない

ただし、回復は非常に早いこと、早期にスポーツ復帰が出来ることから、特にプロスポーツ選手においても利用している場合もあり、有効な方法であることに変わりはありません、手術直後のみ若干の不便は出ますが、よりスポーツを楽しみたいと言った方には最適な方法とも言えるでしょう。

スポンサードリンク

エピレ―シックの特徴は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.