目の病気ガイドトップ > レーシックスーパーイントラレーシックの特徴


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スーパーイントラレーシックの特徴

イントラレーシックの上をいく術式

レーシック手術において、従来の手法より進化した手術方法としてイントラレーシックと言う、これまで手作業で行われた施術の一部も全てコンピューター制御による機械化によって行われるようになり、より高い精度で視力回復効果が見込めること、衛生面、安全性においても飛躍的に向上しましたが、さらにその上を行く技術として、一部のレーシック専門のクリニックなどでは「スーパーイントラレーシック」が採用され始めています。

スーパーイントラレーシックの施術方法

スーパーイントラレーシックにおいては、手術方法などは基本的にイントラレーシックと変わりはありませんが、使用する機器の性能が向上しており、最新鋭の設備による、確かなレーシック手術を可能としています。レーシック手術は医師の技術はもちろんですが、何よりも設備環境面において出来ることと出来ないことの差がはっきりしているため、スーパーイントラレーシックに対応していると言うことは、十分な設備を有しているクリニックであると言う証明とも言えるでしょう。

採用している眼科はまだ少ない

スーパーイントラレーシックが受けられる眼科、クリニックの数は現状においてはまだ少ないですが、今後の技術の進歩や、眼科、クリニックの努力によって、その採用数は増えていくことは間違いありません。手術精度も高く、トラブル事例が報告されていない、視力向上結果も確かなものでもあるため、より確実な視力回復を求めるのであれば、スーパーイントラレーシックに対応している眼科、クリニックを選ぶのがお勧めです。

スポンサードリンク

スーパーイントラレーシックの特徴は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.