目の病気ガイドトップ > レーシックイントラレーシックの特徴


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イントラレーシックの特徴

イントラレーシック施術方法

レーシック手術は視力回復において最も効果の高い方法の一つとも言われており、視力低下に悩む方にとっては非常に注目すべき方法でもあるでしょう。

従来のレーシック手術においては、視力回復に使われる専用のレーザーを照射する際、角膜の最上部である角膜上皮の一部を削り取るのですが、この施術は医師の手によって行われるものでした。
しかし、最新のレーシック事情においては、角膜上皮を削る施術においてもコンピューターで制御された機器で行われるようになっており、より正確な手術ができるようになっています。これを「イントラレーシック」と呼び、近年のレーシックにおける一つのスタンダードになりつつあるのです。

衛生面でも安心できる治療方法

イントラレーシックであれば、手術の確実性はより高いものとなり、リスクにおいても大きく軽減することが出来ます。もちろん従来のレーシックであってもその安全性は非常に高いものでしたが、それでもなお残る不安を払拭するにおいて、イントラレーシックと言うのはより安心できるものとも言えるでしょう。衛生面においても全て機械化されているため、感染症などの心配も全くありません。

設備投資が高額なため、採用しない眼科も多い

ただし、イントラレーシックにおいては相応に設備が必要となるのも確かで、全てのレーシック眼科において必ずしも採用されているとは限りません。
イントラレーシックを希望する際は眼科やクリニックの設備環境なども十分確認し、しっかりと医師と相談した上で治療をうけるようにしましょう。

スポンサードリンク

イントラレーシックの特徴は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.