目の病気ガイドトップ > レーシックレーシックの種類


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レーシックの種類

技術の進歩と共に施術方法は増えている

視力回復のための手術としてすっかり認知されるようになり、多くの視力低下に悩む方からも注目を集めているレーシックですが、ひとえにレーシックと言ってもその種類は多く、それぞれのケースに合わせた方法で行うものや、最新の設備や技術によって確立された新しい手法など、今でもその種類は増えています。

代表的なレーシック手術方法

通常のレーシック手術では一部の施術において手作業での手法が必要なものがありましたが、これを全てコンピューター制御の機器によって行う「イントラレーシック」と言う物が現在では主流になりつつあります。

また、各個人の角膜の形状や厚さなどを考慮し、最も適した手法で手術を行うことが出来る「アイレーシック」、さらに詳細に角膜の形状をコンピューターで確認し、乱視の方や強度の近視の方でも手術を受けることが出来る「ウェーブフロントレーシック」などが多くの腕の確かな眼科やレーシック専門のクリニックなどで取り入れられるようになりました。さらに最近では、激しいスポーツを行う方向けに行われる「エピレーシック」においても注目を集めています。

多様な状況に対応すべく進化を続けている

どの手法でレーシック手術を行うかは、医師との問診、相談によって決定しますが、出来る限り腕は確かで、最新の設備を整えているところを選ぶことで、レーシックにおける選択肢は広いものとなります。

設備が旧式のものである場合は手術できるレーシックの種類が限られてくるので、多少遠方地にあったとしても、レーシックの種類の多い眼科、クリニックを選ぶようにしましょう。

スポンサードリンク

レーシックの種類は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.