目の病気ガイドトップ > レーシックレーシックとは?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レーシックとは?

裸眼の視力を回復させる治療方法

レーシックとは、近年急速に注目を集めるようになった視力回復のための手術のことで、主に人の目にある角膜の一部(角膜上皮)を切り取り、角膜に対して専用のレーザーを照射することで屈折率を変えることで視力回復を促す治療方法のことを指します。

強度の近視であっても視力が1以上にまで回復する見込みがあるとも言われており、利用者も非常に多くなりました。現在においては視力回復の方法の一つの選択肢としても定着しつつあり、レーシック希望者も増加の一途です。

光の屈折の改善で視力が向上する

通常の視力回復、矯正にはメガネやコンタクトレンズ、視力回復のトレーニングが必要となりますが、メガネやコンタクトレンズでは半永久的に維持コストがかかり続けること、視力回復のトレーニングが回復を実感するまでに膨大な時間がかかることや、すぐに諦めてしまいがちなこと、トレーニング中であっても常に目を使い続けるため、効果が見込めないと言った場合が多くありますが、レーシックであれば手術は30分程度。

以降は完全な治療完了まで医師の指示に従った生活を送るだけの短期間で完了し、以後のコストはかかりません。そのため、初期の手術費用は高額になりがちですが、最終的には最も安価な視力回復方法になります。

レーシックは安全性の高い術式

また、レーシックは安全性も非常に高く、多くで言われるような目のトラブルのリスクは実はほとんどありません。腕の確かな眼科やクリニックを利用することにより、リスクを最大限に軽減させ、確実な視力回復を望むことができることでしょう。

スポンサードリンク

レーシックとは?は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.