目の病気ガイドトップ > 目の検査について視野検査


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

視野検査

視野の広さを測る検査方法

視野検査とは、その名の通り自分の目の視野、つまりはどの範囲まで物を見ることが出来るかと言うことを確認するための検査のことで、人の目は基本的に物を見る範囲と言うのは一定の数値内に収まるものだと言われています。

基準値内の視野を維持できている場合は正常であると判断できますが、万が一、基準値よりも大幅に視野が狭い状態が確認されると、緑内障を始めとした目の疾患の疑いがあると言うことにもなり、早急な治療が必要となります。

眼科であれば受けることが出来る検査でもあるため、目に異常を感じているなどの場合は、例え微細な兆候であっても早期に受診するようにしたいところです。もしかすると、思わぬ目の疾患が隠されている可能性もあります。

検査方法について

視野検査は通常、視野計と呼ばれる専用の機器を使い、顔を固定してスコープの中を覗き込む形で、指定区域の中に現れる光を察知した時点でブザーなどの確認ボタンを押すと言った方法で測定を行います。

光の現れる場所は人の視野の基準値内のどこか、ランダムで発生するようになっており、基準値内に見える全ての光が確認できれば正常ですが、例えば外側の光が認識できなかったと言ったような場合は異常の恐れがあります。
ただし、人の視野と言うのは健康状態によって左右される場合も多く、例えば注意力散漫になりがちな体力の低下時や肩こりなどがひどい時は正常であっても視野が狭くなり、光を認識できない場合もあるので、検査を行う際は体調が良好な状態で行うのが望ましいでしょう。

視野検査で脳に関する疾患が見つかる場合も

視野検査により、目に関することはもちろん、脳に関する疾患が発見される場合もあり、万が一に備え、出来れば定期的に診察を受けたいものです。眼科にて受診し、視野検査を希望すればいつでも行うことが出来るので、現在の目の症状に不安がある場合は特に来院を考えるようにしましょう。

スポンサードリンク

視野検査は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.