目の病気ガイドトップ > 目の検査について細隙灯顕微鏡検査


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

細隙灯顕微鏡検査

目に関する全ての状態を把握する検査方法

細隙灯顕微鏡検査とは、「さいげきとうけんびきょうけんさ」と読み、眼科検診を受ける際は必ず行われる検査の一つです。細隙灯顕微鏡検査を行うことにより、目に関するあらゆる状態を確認することが出来ます。

目の状態を詳細に検査することにより、目に出来た小さな炎症や小さな傷まで分かるのはもちろんのこと、さらには多くの目の病気を早期に発見することが出来るほど精密なものになっており、例え微細なものであったとしても、すぐに異常を察知することまでもできるのです。
さらに、専用の器具を加えることにより、眼圧測定や眼底検査も行うことができるため、目に関するほぼ全ての状態を把握することが容易になります。

小さな傷も見逃さない細隙灯顕微鏡検査

目と言うのは非常にデリケートな部位でありながら、その実、人体においては頑丈な部位の一つであるとも言われています。そのため、微細な異常には気がつきにくいこともあり、検査をしてみると小さな傷が無数にあったり、眼病の初期症状を見逃してしまったりすることも決して少なくありません。

細隙灯顕微鏡検査であれば、そのような状態であってもすぐに異常を確認することが出来るのはもちろん、万が一緑内障や白内障などのような重度の眼病の可能性が確認されても、直ちにさらに精密な検査に移行し、的確な治療を受けることに繋がっていくのです。

自己診療が大きなトラブルへ発展する

目の異常と言うのは察知しながらも、目薬だけで済まそうとしてしまい、気がついたときには大きなトラブルに発展してしまっている可能性も少なくありません。

少しでも異常を感じたのであれば、直ちに眼科にいって診察してもらうようにしましょう。眼科において細隙灯顕微鏡検査は必ず行われるものなので、万が一異常がある場合でもいち早く治療に入ることができるはずです。

スポンサードリンク

細隙灯顕微鏡検査は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.