目の病気ガイドトップ > 目の検査について自覚的屈折検査


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自覚的屈折検査

光の屈折値を計測する方法

自覚的屈折検査とは、目の光の屈折値を測るための検査方法の一つで、自覚的屈折検査の場合は文字通り検査技師と検査をされる人の対話から目の屈折状態を測る方法です。

一般的にメガネやコンタクトレンズの度数などを調べるために使われる機器として用いられるオートレフラクトメーターによって、その人の目の基準値を測ることになりますが、あくまで一般的な数値の範疇でしか計測が出来ないため、詳細な部分は自覚的屈折検査により、技師と確認をし合いながら正確な数値を割り出していきます。

特にメガネやコンタクトレンズを作る際、検査技師と対話をしながら視力の度合いを測っていった経験などはないでしょうか。それこそが自覚的屈折検査なのです。

正確な数値が精度の高い矯正効果を生む

メガネやコンタクトレンズを作る際、さらにはレーシック手術においても、正確な数値が算出できなければ矯正効果は低くなってしまいます。特にレーシックともなると手術を伴うものであり、何度も行えるものではありません。そのため、オートレフラクトメーターに加え、自分自身の感覚による精密な確認が必要となるのです。

自覚的屈折検査は対話方式となるため、アナログな検査方法となりますが、オートレフラクトメーターによるデジタルによる検査と重ねることにより、確実な数値を算出することができるようになります。

多様な検査の併用で確実な情報を算出する

目は非常にデリケートなものであり、視力の矯正においても、少しのズレが大きなストレスとなって帰ってくるものです。そのため、検査の際は様々な方法を駆使し、より精度の高い確実な情報を算出できるよう、デジタルだけでなく、アナログの検査とともに行われるものなのです。

スポンサードリンク

自覚的屈折検査は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.