目の病気ガイドトップ > 目の検査についてレフラクトメーター


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レフラクトメーター

視力矯正の必須機器

レフラクトメーターとは、主に眼科で使用される機器のことで、眼球に赤外線を照射することで目の状態を確認し、近視や乱視、遠視、及びその度数などを測定するためのものです。
レフラクトメーターを使うことにより、メガネやコンタクトレンズを作るための最適な情報を算出することが出来るほか、レーシック手術においても検診の際に用いられます。

レフラクトメーターによって、個人個人の目の度数や形状なども把握し、どのように矯正することが出来るかを算出できるため、視力の矯正においては必須の機器となります。現在では全てを自動で検査し、客観的に情報を算出するオートレフラクトメーターが主流となっています。

本格的な視力検査にも欠かせない機器

レフラクトメーター自体は、メガネやコンタクトレンズを作ったことのある方であれば、一度は見たことがあるであろう、視力などを測定する際に使われる、箱のような形状の機器であり、眼科はもちろん、メガネやコンタクトレンズを取り扱うお店などでも大抵設置されています。

小学校や中学校などでも眼底検査の際に使用されることもあり、名前は知らずとも見たことがある方は多いはずです。本格的な視力検査の際における定番の機器とも言えるでしょう。

精度の高いレンズ、レーシック手術が望める

レフラクトメーターを使うことにより、正確に目の度数などが分かるようになっており、精度の高いレンズを作ることができるのはもちろん、レーシック手術においても、目の形状などが数値化されて算出されることにより、精度が高く、高い視力回復効果を望むことが出来ます。

スポンサードリンク

レフラクトメーターは以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.