目の病気ガイドトップ > 目の検査について検影法


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

検影法

度数を合わせるための検査方法

検影法とは、暗室の中で目に光を当てることで眼底の光の反射を確認し、角膜の屈折値を測定する方法のことを言います。主にコンタクトレンズやメガネの度数合わせなどに使われ、最適のレンズを探す場合や、診断書を貰うために特殊な機械で視力検査を行ったことのある方も多くおられることかと思われますが、その際に用いられている器具を使用した測定が検影法となります。

動的検影法・静的検影法について

検影法を用いることで、その人の視力だけでなく、光の屈折値から近視度数、乱視の傾向なども分かるようになっており、その人に合うレンズを正確に導き出すことが出来ます。また、検影法には動的検影法と静的検影法があり、動的検影法は主にピント調整能力を確認するために行われ、静的検影法は目の屈折値を測る方法となります。

メガネやコンタクトレンズを作る際に行われるのは静的検影法であり、動的検影法は精度において数値の幅が広がりやすくなることや、一般的な検査に用いられることはほとんど無いため、検影法と言えば静的検影法であると言うのが一般的です。

視力矯正は目の屈折値を知ることが重要

視力と言うのは目の屈折値において確認できるものであり、メガネやコンタクトレンズはその屈折値をレンズによって調整することで物が見えやすくなると言う仕組みになります。

正確に物が見える適したレンズを作るためには、まずは目の屈折値を把握し、どのレンズを使うことで正常値に矯正するかと言うことが大切なのです。そのためにも検影法は目の状態を確認するための必要な検査であり、確実な視力の矯正において重要なものとなります。

スポンサードリンク

検影法は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.