目の病気ガイドトップ > 目の検査について眼圧検査(基準値など)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

眼圧検査(基準値など)

緑内障の検査方法

眼圧検査とは、主に緑内障の検査の際に行われるもので、眼科などで目に空気を入れ、眼圧を測ることによって目の健康状態を確認する方法です。

目の中には房水と呼ばれる眼球の代謝や栄養の補給を行う水分が生産と排出を繰り返すことで眼圧を一定の数値に保っています。しかし、目に異常があるとこの眼圧は変化し、その変化の内容によって緑内障などの目の病気を確認するのです。

眼圧検査の基準値について

一般的に眼圧の基準値は10〜21mmHg内で収まると言われており、この数値よりも高くなると緑内障の疑いがあると診断されます。また、基準値よりも下回ると、網膜剥離などの疑いが出てくるなど、眼圧によって様々な目の症状を確認することが出来るのです。

ただし、この数値は必ずしも常に同じ数字を指しているものではなく、1日の間に微動することがあります。そのため、眼圧検査時には基準値よりも数値が上回る、もしくは下回ることがあっても、後日改めて検査をしてみると平常値であったと言うケースも少なくありません。最終的には数回に渡って検査を行い、その平均値が基準値内であれば問題ないとされることもあります。

検査方法は二種類

眼圧検査の方法は2種類あり、一つは目の角膜に空気を吹きつけ、角膜の凹凸から眼圧を測る方法。もう一つは点眼麻酔を用い、専用のチップを角膜に押し付けて眼圧を測る方法です。この方法は「ゴールドマン眼圧計」と呼ばれ、緑内障の診断においては精度が高いことから、現在では主にこの方法が採用されています。

スポンサードリンク

眼圧検査(基準値など)は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.