目の病気ガイドトップ > 目の検査について眼底検査


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

眼底検査

血管や視神経の状態を確認する検査方法

眼底検査とは、瞳孔の奥にある眼底と呼ばれる部位を専用の眼底カメラを使い、パソコン上の画面でモニタリングして眼底の状態を確認するための検査です。

この検査により、眼底の血管や網膜、視神経などの状態が一目で分かるようになっており、万が一疾患があるような場合であれば、直ちに治療を促すことが出来るものとして、重要な目の検査の一つとして位置づけられています。

特に緑内障の発見において非常に優れた検査方法の一つであり、早期発見をすることにより、適切な治療、出来る限りの改善を促すことに役立ちます。さらに、眼底の状態から目に関するものだけでなく、脳に関するトラブル、特に動脈硬化のような重大なトラブルにおいても発見することに貢献しており、眼底を通して生活習慣病の予防にも繋げることができるのです。

検査方法について

眼底検査は瞳孔の奥を調べる検査でもあるため、まずは瞳孔を開くために専用の点眼薬である散瞳薬を使用し、開いた瞳孔に対して光を当て、専用のカメラ、もしくは眼底鏡と言う器具を使用して確認を行います。

詳細な方法は眼科によって一部違いがありますが、大きく分けて「直像検査法(瞳孔に光を当て、検眼鏡を用いて直接確認する方法)」、「倒像検査法(瞳孔に光を当て、反射した眼底を専用の鏡で確認する方法)」があり、さらに詳細に確認する方法として、麻酔点眼薬を使用することになりますが、「細隙灯顕微鏡(さいげきとうけんびきょう)」を使用して眼底全体を検査する方法があります。

眼底検査はわずか数分で終了する

眼底検査は点眼薬の使用や特殊なカメラを使うなど、大掛かりな検査にも見えますが、実際にはほんの数分で終了するもので、眼科であれば申告をすれば検査をしてもらうことが出来ます。少しでも目に異常を感じた場合は、出来るだけ早期に診察を受けるようにしたいものです。

スポンサードリンク

眼底検査は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.