目の病気ガイドトップ > その他目の病気慢性涙嚢炎(症状・治療等)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

慢性涙嚢炎(症状・治療等)

涙嚢の炎症による膿が目から出てくる疾患

涙嚢炎(るいのうえん)は目にある涙を溜める部位である涙嚢が炎症を起こし、膿が溜まることで圧迫されると、目からその膿が出てくる症状です。

主に細菌の感染から発症するものであり、涙目の状態を放置し続けていると感染する可能性が高くなります。涙嚢炎には大別して2種類あり、慢性涙嚢炎と急性類嚢炎に分けられますが、多くの場合では慢性涙嚢炎に悩まされるケースが多くなっています。

症状について

慢性涙嚢炎は主な症状として常時涙目の状態が続き、慢性的に目ヤニが付着してしまう、目頭を押さえると膿が出てしまい、非常に不衛生な状態が続きます。
特に風邪などで免疫力が低下した際に起こる可能性の高い病気であり、放置を続けると急な頭痛に悩まされやすくなったり、症状がひどい場合は角膜にまで感染してしまい、角膜腫瘍となって最悪失明の危険性にまで発展してしまいます。

主な治療方法は抗生物質の服用と消毒液での洗浄

対処方法として、常に目の周りは清潔に保つことが必要であるのはもちろん、鼻炎、蓄膿などにおいても早期の治療に望むことが大切です。

万が一慢性涙嚢炎になった場合、もしくは近しい症状が発生した場合においても早急に眼科へ来院し、適切な処置を受けるようにしましょう。一度慢性涙嚢炎になってしまうと完治は難しくなる場合も多く、治療方法としては抗生物質の服用や消毒液による目の洗浄が一般的ですが、症状が重い場合は手術によって涙嚢を取り除くか、鼻腔と涙嚢の通り道に別のバイパスを作るかなどに方法が限定されてしまい、治療困難になる場合もあります。

初期症状として急激な痛みなどがあるわけではありませんが、目に違和感を覚えるようであれば早急に眼科へ来院するようにしましょう。

スポンサードリンク

慢性涙嚢炎(症状・治療等)は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.