目の病気ガイドトップ > その他目の病気単眼性複視(症状・治療等)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

単眼性複視(症状・治療等)

症状について

単眼性複視とは、通常一つの物体は両目を使って焦点を合わせることによって一つの実像として認識することが出来るものですが、単眼性複視の場合、片目の調整機能が異変をきたしてしまっており、正常に実像を把握できず物体が多重に見えてしまう症状のことを言います。

類似した症状として両眼性複視と言う物がありますが、単眼性複視の場合は片目で物を見た際にその物体が多重に見えてしまうもの。両眼性複視の場合は両目で見たときに物体が多重に見えてしまうものと言う違いがあります。

似たような名前ですが、違いははっきりとしており、単眼性複視の場合は片目で物を見ると多重に見えますが、両目で見てみると、正常な状態になります。

手術が主な治療方法

単眼性複視の場合、両目で物が見ることが出来れば十分と放置してしまいやすい症状ですが、場合によっては白内障の危険性を孕んでいる可能性もあります。症状を自覚した際は早急に眼科へ行き、適切な治療を受けることが必要です。

基本的な治療方法としては手術が必要となりますが、白内障ではなく、さらに軽度であると言う場合は手術は行わず、メガネやコンタクトレンズで矯正を行う場合がほとんどですが、万が一白内障を併発していると判断された場合は、早急に白内障の治療を行うことになります。

角膜の屈折異常が原因

多くの場合、単眼性複視の原因は強度の遠視、近視、乱視などの角膜の屈折異常から引き起こされるものです。両目では物がしっかりと見える分軽視しがちな症状ですが、ストレスは非常に溜まりやすく、やはり放置していていいものではありません。症状を自覚した際は、出来るだけ早期に眼科に来院するようにしましょう。

スポンサードリンク

単眼性複視(症状・治療等)は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.