目の病気ガイドトップ > その他目の病気眼瞼下垂(症状・治療等)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

眼瞼下垂(症状・治療等)

まぶたが垂れ下がる疾患

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、目の上のまぶたが何らかの理由によって筋肉が弛緩し、下方向に垂れ下がってしまう症状のことを言います。

眼瞼下垂には先天性と後天性のものがあり、大半は先天性のものと言われていますが、中年層にもなると加齢や病気によって後天性の眼瞼下垂を発症させてしまう可能性もあることから、視界が急速に狭くなっていった。目を見開くのが困難に感じる。常にまぶたが重いと言った症状を感じた場合は早急に眼科へ来院するようにしましょう。

症状と治療方法について

眼瞼下垂は症状としてまぶたが下に垂れ下がっていくものと言うことから、まず視野が狭くなります。
また、まぶたの腫れ上がりもはっきりと分かるようになるため、見た目としてもはっきりしている場合が多く、自覚症状は分かりやすいものとなっています。しかし放置が続くと狭くなった視野を補おうとするあまり目の酷使が継続的なものになり、極度の肩こりや眼精疲労を引き起こし、さらには重篤なトラブルを発生させてしまう危険性もあるため注意が必要です。

早期発見、早期治療であれば完治は決して難しいものではなく、手術によって治療を行うことで数ヶ月程度で治せるものです。

加齢や眼の酷使が主な原因

後天性の眼瞼下垂の場合、主な原因は加齢によるもの、もしくは目の酷使、コンタクトレンズの長期着用などが挙げられます。日常生活の中でも起こりえる症状であるため、常日頃から目を労わるよう心がけるのはもちろん、目の過剰な酷使は控えるようにし、場合によっては眼科へ定期健診のために来院をするなどして、予防を心がけるようにしましょう。

スポンサードリンク

眼瞼下垂(症状・治療等)は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.