目の病気ガイドトップ > その他目の病気不同視(症状・治療等)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不同視(症状・治療等)

左右の度数が大幅にずれる疾患

不同視と言うのは、人の目において、左右の目の度数に大きな違いが生じている状態のことを指します。例えば右目の視力は1.0にも関わらず、左目の視力が0.5などと言う場合は不同視と診断され、メガネやコンタクトレンズを作る際はそれぞれで度数の違うレンズを用意する必要が出てきます。

しっかりとした矯正具を使ってバランスを取っている間は良いのですが、メガネやコンタクトレンズを外した際や、バランスを合わせていないものを装着している場合は視点がおかしくなり、遠近のバランスが取れない、物が二重に見えてしまうなど、多大なストレスを及ぼしてしまいがちです。場合によっては双方の視力をさらに下げてしまう可能性もあります。

医療的な治療では治らない

一度不同視になってしまうと、その治療は非常に困難であり、医療的な手術で治すという類のものではありません。レーシック手術によって治療を行うか、もしくはメガネやコンタクトの度数のバランスを合わせて矯正すると言った方法が一般的で、大切なのは不同視にならないよう生活態度には気をつけると言う事になります。

特に悪い姿勢で長時間物を見続ける、無理な体勢で物を見続けると言うことは不同視のリスクを一段と高めてしまいます。出来る限り姿勢についても意識し、両目で物を見るということを心がけることが一番の予防方法となるでしょう。

誤差幅が小さければ矯正でも治る

不同視は左右の目の視力に大幅な違いが出ることを指しますが、誤差が0.1〜0.3程度であればトレーニングによっては矯正の余地があります。既に予兆を感じている場合は直ちに生活態度や常日頃の姿勢などを正し、早急に改善できるように心がけましょう。

スポンサードリンク

不同視(症状・治療等)は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.