目の病気ガイドトップ > その他目の病気眼窩蜂窩織炎(症状・治療等)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

眼窩蜂窩織炎(症状・治療等)

眼球周りの脂肪組織が炎症をおこす疾患

眼窩蜂窩織炎とは、「がんかほうかしきえん」と読み、眼窩と呼ばれる眼球を覆っている骨のあるスペースの脂肪組織が炎症を起こした状態のことを言います。

主な原因として副鼻腔炎や歯の周囲からの細菌の感染から引き起こされる場合が多く、必ずしも目から感染すると言うものではありません。

症状について

症状としては目の周囲、特にまぶたが赤く腫れ上がり、熱と痛みを持つようになります。症状が悪化すると眼球が眼窩から飛び出す「眼球突出」の症状が出たり、目の動きが鈍り、視野が狭くなる、物が二重に見えてしまうなどのトラブルを引き起こしてしまう他、強い眼精疲労時に起こる特有の発熱や吐き気を、もよおす場合もあります。

眼窩蜂窩織炎は症例として痛みを伴う場合がほとんどであり、自覚症状もはっきりしています。
特にまぶたが赤く腫れ上がり、少し触れるだけでも大きな痛みが走ることがあるので、少しでも違和感を覚えるようであれば早急に眼科に来院するようにしましょう。
見た目でもすぐに判別できるものでもあるため、早期発見、早期治療であれば後遺症もほとんど無く完治しますが、対処が遅れてしまうと菌の感染が収まらなくなり、最悪の場合生命にも危険が及んでしまいます。

治療は感染を防ぐことから始まる

治療方法とては、まずは広域抗菌薬を用いて感染の進行を防ぎ、菌の特定を行います。特定が出来次第、その菌に対応した抗菌剤を用いて治療を行っていく流れになります。

緊急を要する場合は入院の必要があり、詳細に原因を特定しつつ対処を行うことになります。物理的な衝撃などによる症状ではなく、細菌の感染によるものであり、さらに目以外からの感染の恐れのある症状でもあるため、特に歯の周辺や鼻においても違和感を覚えるようであれば、症状は軽くとも早期の治療を考えることが予防の一歩と言えるでしょう。

スポンサードリンク

眼窩蜂窩織炎(症状・治療等)は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.