目の病気ガイドトップ > その他目の病気網膜動脈閉塞症(症状・治療等)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

網膜動脈閉塞症(症状・治療等)

症状について

網膜動脈閉塞症とは、網膜内にある動脈を流れる血流が滞ってしまい、眼球全体に正常に血液が行き渡らないことから、細胞の壊死を招いてしまう重大な目の症状のひとつです。これに発症してしまうと治療は困難を極め、短期間で失明の危険性にまで発展してしまいます。

類似した症状として網膜静脈閉塞症というものがありますが、静脈の場合はすでに動脈によって血液が行き渡った状態となっているため、直ちに細胞が壊れていくことはありませんが、網膜動脈閉塞症の場合は血液を行き渡らせることが出来なくなってしまうため、急速に症状が悪化してしまうのです。特に動脈硬化のリスクを持った方に多いと言われており、生活習慣病とも密接な関わりがあります。

治療は時間との勝負

網膜動脈閉塞症の治療方法は限られており、その全てが時間との勝負になります。細胞は血流が滞ってから30分から1時間程度で劣化していくとも言われており、何の前触れも無く、突然視界が暗くなった、いきなり視力が急激な低下を見せたと言う場合は早急に眼科に行くようにしましょう。

救急疾患は最優先で治療が行える

網膜動脈閉塞症は眼科における救急疾患のひとつであるため、最優先で治療を行ってもらえます。主な治療方法として、薬による血流の改善に加え、眼球マッサージを行う、場合によっては高圧酸素療法によって眼球全体の血流を取り戻し、症状改善を試みます。

緊急性を求められる治療ですが、早期である限りは症状の改善、視力回復も見込めるものなので、もしも網膜動脈閉塞症と思われる症状が発症した場合は、全てにおいて眼科に向かうことだけを優先し、早急な治療を行いましょう。

スポンサードリンク

網膜動脈閉塞症(症状・治療等)は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.