目の病気ガイドトップ > その他目の病気網膜静脈閉塞症(症状・治療等)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

網膜静脈閉塞症(症状・治療等)

症状について

網膜静脈閉塞とは、文字通り網膜にある静脈が何らかの理由によって閉塞してしまい、血流がなくなることで発症してしまう症状のことを言います。網膜内の静脈の血流が途絶えてしまうことで、眼球内の血流が正常に行われなくなってしまい、結果として視力低下、視野障害、変視症(物がゆがんで見えてしまう症状)に陥ってしまう可能性も高くなります。

主に高血圧の方が発症しやすい症状とも言われており、早急な改善が必要となることもあるでしょう。
また、まったく症状が見られない場合もあり、気がつけば緑内障などの合併症を引き起こしていたと言う可能性もあります。出来れば定期的に眼科へ来院し、検査を受けるようにしておきたいものです。

治療方法は内服薬と眼球注射

網膜静脈閉塞症の治療方法は、基本的に網膜の静脈の血流を改善すればいいのですが、非常に困難であります。そのため、内服薬を用いる、眼球注射を用いると言った方法が一般的ですが、重度の場合は手術を行う必要が出てくることもあります。

50代以降の中年層が発症しやすい

網膜静脈閉塞症は高血圧、特に50代以降の中年層が発症しやすい症状のひとつであり、糖尿病に並ぶ重度の目の障害のひとつとも言われています。軽度であれば症状を軽減させ、現状を維持させることが出来ますが、重度の場合は治療が困難になるため、最善の方法は予防を心がけることとなるでしょう。

特に生活習慣病とも関わりのあるものであるため、日ごろの生活態度なども考え、定期的に眼科に受診するなど、早期の対策が必要となるのは間違いありません。

スポンサードリンク

網膜静脈閉塞症(症状・治療等)は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.