目の病気ガイドトップ > その他目の病気眼球打撲(症状・治療等)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

眼球打撲(症状・治療等)

眼球自体を損傷する疾患

眼球打撲は目に対して強い衝撃を与えられることによって受ける眼球の損傷のことを言います。
人の目は常に露出している状態であり、眼球そのものを守っているのは瞼のみとなるため、例え目を瞑っていた状態であっても、野球ボールのような小さく硬いものや、ボクシングによる目の攻撃、不意の転倒などからでも起こりえるトラブルでもあるため、決して無縁のものであるとは言えません。

症状について

眼球打撲の症状は主に目の黒ずみや充血、視力低下が挙げられます。
直接眼球ではなく、目の周りの打撲のように感覚しかないような場合もありますが、放置していると網膜はく離の可能性もあり、目に対して衝撃を受けたのであれば、直ちに眼科に足を運ぶべきです。最悪の場合は失明の危険性もあるため、打撲と言う言葉から連想できるような軽微なものではないのです。

また、眼球打撲は軽度から重度のものまで症状に差がありますが、症状が軽くとも眼球内のトラブルが起こっている可能性もあります。この場合は早急に入院が必要となるため、痛みは小さくとも安心はせず、直ちに検査を受けるようにしましょう。

治療方法について

主な治療法として、軽度の場合は止血剤や消炎剤などを使いながら医師の指示に従い、適切な処置を行うことで治っていくものでもあるため、入院の必要はありませんが、眼球内に変化が起こるような重度の場合は入院の必要性があり、緊急に治療を受けることになります。

場合によっては手術が必要となるため、もしも目に何らかのダメージを受ける事態に遭遇した場合は早急に眼科へ行き、適切な処置を行うようにしましょう。

スポンサードリンク

眼球打撲(症状・治療等)は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.