目の病気ガイドトップ > その他目の病気眼球破裂(症状・治療等)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

眼球破裂(症状・治療等)

角膜、強膜が破れる病気

眼球破裂とは、目に対しての強烈な衝撃によって眼球にある角膜や強膜が破れてしまう状態のことを言います。この強い衝撃は鈍的、鋭的を問わず、眼球に対して強いダメージを受けることによって起こる症状であり、突然の強い衝撃に、何が起こったのかしばしば混乱さえしてしまうこともありえます。

眼球破裂は失明の恐れもある

角膜や強膜が破裂してしまうと、眼球の内部にある各種器官が外部にむき出しの状態となってしまうため、深刻な危険を及ぼしてしまいます。

この状態が少しでも長く続いてしまうと失明の恐れもあるため、緊急の治療が必要になります。にもかかわらず、眼球破裂のトラブルは日常生活において決して無縁のものではなく、例えばスポーツ中に目に強い衝撃を受けた場合や、深酒の結果泥酔状態になってしまい、不意の転倒で起こる可能性もあるのです。

眼球と言うのは人体の中でも比較的頑丈な部位であり、滅多なことで破裂するようなことはありませんが、それでもあまりに強い衝撃の前には耐え切れないものなのです。

症状について

眼球破裂の諸症状として、急激な視力の低下はもちろん、目の充血、強烈な痛みを伴う腫れなどがあり、外部の刺激に極端に弱くなります。また、破裂した眼球側は痛みが薄くとも、正常なはずのもう片方の目に同一の症状が表れてしまう場合もあります。

治療方法について

治療方法は軽度であれば治療用に使われる医療用コンタクトレンズの装着後、数日の経過を見て回復が促されていきますが、重度の場合は緊急手術が必要になる場合があります。

特に眼球破裂の結果、眼球の内部器官が突出してしまった状態にもなると非常に危険なため、場合によっては全身麻酔の上角膜、強膜の縫合手術を行うことになります。

スポンサードリンク

眼球破裂(症状・治療等)は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.