目の病気ガイドトップ > その他目の病気VDT症候群(症状・治療等)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VDT症候群(症状・治療等)

VDT症候群は現代疾患

VDT症候群とは、Visual Display Terminal、つまりテレビやパソコンなど電磁波を出している端末の前に長時間座っている事によって引き起こされる疾患です。

仕事でパソコンワークをしている人にとっては、ドライアイや肩凝りなど、色々な症状で悩んでいる事も多いですよね。VDT症候群も、ドライアイなどの眼精疲労と良く似た症状が表われるので、「きっと眼が疲れているのだろう」と放置してしまうことも多いのですが、VDT症候群は根本的にライフスタイルを変えなければなかなか完治する事ができない現代疾患なのです。

症状について

VDT症候群にかかると、最初はドライアイなど眼の乾燥、充血、異物感、視力低下など眼精疲労のような症状が現れます。それと同時に自律神経にもマイナスの影響があり、筋肉や背中がコチコチに凝ってしまったり、疲れやすくなってしまったり、うつの状態になりやすくなってしまうなど、VDT症候群が引き起こす症状は眼精のものだけには留まりません。

治療方法は眼を休ませること

VDT症候群は、パソコンやテレビなどから離れて新鮮な空気を吸ったり、目を閉じて眼の疲れを休ませてあげる事によって治療する事ができます。VDT症候群は現代病の一つなので、眼科に行っても眼精疲労を軽減する目薬や内服薬を処方されるだけです。

最も効果的なのは、ディスプレイを長時間眺めている人は、できるだけこまめに休憩を取って目の疲れを蓄積しないように心がけたり、電磁波とともに発せられているブルーライトを遮断するメガネを着用したりして、できるだけ眼を保護する事が大切です。

スポンサードリンク

VDT症候群(症状・治療等)は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.