目の病気ガイドトップ > その他目の病気逆さまつ毛(原因・症状・治療)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

逆さまつ毛(原因・症状・治療)

逆さまつ毛とは、文字通りまつ毛が逆さについてしまった症状のことです。
通常、まつ毛は目に異物が入り込むのを防ぐため、外向きに生えています。しかし逆さ、つまり内向きに生えてしまうことで、常に角膜に触れてしまう状態になってしまい、傷つけてしまうのです。

どうしてそんなことが起こるのか?

原因は大きく2つ。まず、眼瞼内反と呼ばれるまぶた全体が内向きにまくれ込んでしまっている状況によるもの。それからまつ毛の生え方がいびつになってしまっているもの。
前者に関しては先天的に生じる場合と、高齢になってから生じる場合があります。

どちらもまぶたの皮膚が多すぎたり、たるんだりしているのが大きな理由です。
このほか、珍しいケースとしては炎症によってまぶたが変形してしまった場合、まぶたのけいれんによって生じる場合などもあります。

どんな症状が起こるの?

症状は、まつ毛が角膜に触れるため瞬きが多くなる、充血、目やに、涙、光に対して異常にまぶしく感じるようになる羞明などが見られます。ほかにも異物感や痛みなどが伴うこともあります。

治療方法は?

治療は原因によってさまざま。先天性の場合、成長に合わせて自然に治ることが多いため、抗生剤の点眼などで様子を見るのみが一般的です。
後天性の場合は、まつ毛の除去による対症療法が行われるほか、根本的に治療方法としては手術が選択されます。代表的な手術としては、まつ毛の毛根部分を電気針で焼いてしまう睫毛電気分解や冷凍凝固、目瞼内反に対する手術などが挙げられます。

難しいのは、似たような症状をもたらすものに結膜炎や眼瞼縁炎などがあることです。それだけに眼科で性格に診断を受けることが重要になってきます。

スポンサードリンク

逆さまつ毛(原因・症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.