目の病気ガイドトップ > 角膜ヘルペス角膜ヘルペスとは?原因・症状など


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

角膜ヘルペスとは?原因・症状など

ヘルペスが角膜にできる病気

角膜ヘルペスとは、ヘルペスの症状が角膜にできてしまうという眼精疾患です。
ヘルペスは眼だけでなく体のあらゆる部分に発症する可能性があるウィルス性疾患ですが、ヘルペスが目に発症する角膜ヘルペスの場合には、ほとんど自覚症状もないので、気づかない事も少なくないようです。

抵抗力の低下が原因

角膜ヘルペスは他のヘルペスと同じように、体調が悪かったりして抵抗力が弱くなっている時に発症する事が多いようです。体内にヘルペス菌を持っていると、抵抗力が弱くなるたびに発症しやすくなってしまうので注意しなければいけません。

角膜ヘルペスには上皮型と実質型の2種類がありますが、どちらも同じヘルペスウィルスが原因です。角膜の表面のみで症状が起きる上皮型の方が症状が軽い事が多く、放置していても自然治癒する事も少なくないようです。一方、角膜の少し内側で症状が起きる実質型の角膜ヘルペスの場合には、視界がぼんやりしたり目の充血などがひどくなる事もあるようです。

症状について

角膜ヘルペスにかかると、目が充血したり、ゴロゴロした異物感がある事が多いようです。
また、白目が充血したり、視界がボンヤリとしたり、また視力が低下する事もあります。

角膜ヘルペスの場合には、両目が同時に発症する事は少なく、片目だけというのが特徴。そのため、花粉症などのアレルギー性結膜炎で角膜ヘルペスと同じような症状が出た場合でも、両目なら花粉症、片目だけの場合には角膜ヘルペスを疑うという見分け方もできそうですね。

スポンサードリンク

角膜ヘルペスとは?原因・症状などは以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.