目の病気ガイドトップ > 翼状片翼状片とは?原因・症状など


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

翼状片とは?原因・症状など

翼状片について

翼状片(よくじょうへん)は、50歳以降の中高年層が発症しやすい眼精疾患で、白目の表面を覆っている結膜という組織が黒目のエリアにまで進入してしまうという病気です。

白目の組織が過剰に増殖しているだけなので、放置していても命に関わったり失明したりという事は少ないようですが、あまり増殖しすぎて硝子体の部分まで覆ってくると視力障害を引き起こしてしまうので、できるだけ早期に治療を始める事が必要となります。

紫外線や喫煙が原因

翼状片の原因は、紫外線を浴びすぎたり、喫煙などが原因と言われています。
特に、長期間ずっと紫外線を無防備に浴び続けたり、ずっと喫煙をしている人などは、翼状片の発症リスクは高いようです。

症状について

翼状片は、目頭の辺りにあるピンク色の組織が黒目部分に向かってどんどん広がっていく疾患で、鏡を見るとちょうどピンク色の翼を広げているように見える事から、翼状片という疾患名が命名されたのだそうです。そのネーミングどおり、翼状片は鏡を見ると自分で翼状片と分かる事も多いようですね。

白目がピンク色になることも

また、翼状片は白目の細胞が増殖するために、目の表面が盛り上がってきます。
そのため、目に異物感があっ視力低下などは翼状片がかなり進行しない限りは見られないようですが、白目がピンク色になってしまうと自分で鏡を見てもかなり目立つので、それがイヤで早期発見・早期治療を望む人が圧倒的に多いようですね。

翼状片をずっと放置していると、発症から10年以上かかりますが、乱視などの視力低下が起きてくるようです。

スポンサードリンク

翼状片とは?原因・症状などは以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.