目の病気ガイドトップ > 結膜下出血結膜下出血の治療・予防


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結膜下出血の治療・予防

生活習慣を見直す事が予防になる

結膜下出血は、結膜下出血という疾患があるわけではありません。
生活習慣病や貧血、白血病など全身疾患の症状のひとつとして結膜下出血が起きる場合もありますし、花粉症などで眼を擦りすぎたりして結膜を傷つけるために起きる事もあります。

充血、出血の判断が大切

白目が少しでも赤くなると、見た目にも恐怖感を持ってしまうのですぐに眼科を受診する事も多いと思います。眼が赤くなるのは、充血と出血とがありますが、目の充血なら目薬を処方されるだけで経過観察になることが多いようです。症状がかなり軽い場合には、目薬も処方されない事もありますが、その場合には目を閉じて休ませてあげれば、充血も少しずつ収まっていくようです。

目がなんとなく部分的にピンク色になっている場合には、結膜下出血ではなく、目の充血という事が多いようですね。

目薬・止血剤による治療方法

結膜下出血の場合には、目がベッタリと血液の色に染まります。眼科を受診数ると、出血を抑える目薬や止血剤が入った目薬などを処方してもらえる事が多いようです。

症状が軽い場合には2週間程度で自然に治癒されますが、症状の度合いによっては完治に3ヶ月ぐらいかかる事もあるようです。自宅で経過観察を行なう場合には、蒸しタオルなどを瞼に置いたりして眼の周辺を温めてあげると、出血が体内にスピーディに吸収されて治癒までの時間も短くなるようです。

眼科を受診して全身疾患が疑われる場合には、そちらの診察もきちんと受けて根本的な治療を行うようにしましょう。

スポンサードリンク

結膜下出血の治療・予防は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.