目の病気ガイドトップ > 眼底出血眼底出血の治療・予防


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

眼底出血の治療・予防

眼底出の治療について

眼底出血は、なにかの疾患が原因で網膜や硝子体が出血をしているという症状なので、眼底出血の治療も、根本的な治療を行うためには、その疾患の治療を行う事が必要になります。

とりあえず網膜部分や硝子体など出血をしている部分を止血したいという場合には、止血剤や血管強化剤などの薬物による治療方法などもあるようですが、レーザーを使って新生血管を抹消するような治療が必要になる場合には、出血が硝子体とどのぐらいの距離にあるのかによってレーザーを使った治療が行えるかどうかが決まります。

硝子体はゼリー状をしているので、その中には黄班などレーザー照射できない部分もあります。
そのため、出血している場所を細かく判断しながらレーザー照射を行う事が必要になります。

外科的な治療が必要な場合も

眼底出血がひどくて眼機能そのものにダメージを与えているような場合には、外科手術が必要になる事もあります。その場合には、硝子体切除術と呼ばれる外科手術が必要になり、出血などによって視力が限りなく低下してしまったり、硝子体がレンズの役割を果たさなくなってしまった場合には、その切除を行う手術が必要になる事もあるようですね。

生活習慣を見直すことで予防する

眼底出血を予防するためには、何よりも細かくて繊細な毛細血管にも血液が問題なく流れることができるように、血液をサラサラの状態にキープする生活習慣や食習慣が必要です。

脂質や糖質などをできるだけ抑えた健康的な和食系の食生活をしていれば、血液もサラサラになって眼底出血を予防できるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

眼底出血の治療・予防は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.