目の病気ガイドトップ > 眼底出血眼底出血とは?(原因・症状など)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

眼底出血とは?(原因・症状など)

眼底出血について

眼底出血とは、網膜周辺にある血管が詰まったりして出血してしまったり、硝子体から出血してしまった場合の症状の事を指します。
眼底出血という疾患名があるのかなと思ってしまうことも多いのですが、眼底出血という疾患名があるわけではなく、他の眼精疾患で網膜や硝子体から出血してしまった場合には、「眼底出血がおきている」というように使われるようです。

主な原因は血管の詰まり

眼底出血の原因はさまざまで、糖尿病など血液がドロドロになる事で毛細血管が詰まってしまい、それが出血につながることもありますし、網膜に斑点ができてしまう網膜症による出血もあるようです。

毛細血管が出血する可能性がある疾患の場合には、眼底出血藻起きる可能性があると考えてよいでしょう。また、眼底出血は、そういった疾患を持っていない人でも、外部からの衝撃などによって起きる可能性があります。

症状について

眼底出血の症状は、少しずつ出血している場合には、飛蚊症のように目の前を黒いゴミが飛んでいるように見える症状がでたり、視力低下などがあるようです。出血量が増えてくると視野が欠けてきたり、ものが歪んで見えたり、色覚異常を起こしたりする事もあるようです。

外部からの衝撃を受けていきなり出血した場合には、こうした症状がいきなりあらわれるので眼底出血に気づきやすいものですが、糖尿病などの疾患が原因で少しずつ出血が起きている場合には、なかなか自覚症状に気づきにくい事もあるので、ちょっとした視野や視覚の異常には敏感に気づくような習慣をつけておく事も大切です。

スポンサードリンク

眼底出血とは?(原因・症状など)は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.