目の病気ガイドトップ > 網膜剥離網膜剥離の治療


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

網膜剥離の治療

網膜剥離の治療について

網膜剥離の治療は、基本的に手術による治療が必要になります。
眼精疾患の多くは、初期段階なら薬物治療で進行をストップする治療が行われることも多いようですが、早期治療すれば完治して視力も元通りに取り戻す事ができる網膜剥離の場合には、症状や状態に応じて手術を行う方法が有効です。

手術といっても、早期発見できれば切開手術ではなくレーザー手術で治療する事ができるので、入院せずに外来手術で治療する事も可能です。

レーザー光凝固術と外科手術

網膜剥離の手術には、レーザー光凝固術と呼ばれる手術と、外科手術の2種類があります。
レーザー手術の場合には、破けてきた網膜の裂け目の周辺をレーザーで焼いてしまい、それ以上裂け目を大きくしないような手術が行われます。

裂けてしまった部分を元に戻すことはできませんが、早期発見してスピーディに治療をうければ、自然治癒力によって視力は元の状態に近づくまで回復できることも多いようです。

レーザー手術が出来ない場合

網膜剥離がある程度進行していたり、既に剥離が始まってしまった状態の場合には、レーザーでは手術する事ができないので入院を伴う外科手術が必要になります。
その場合には、硝子体手術や強膜内陥術などの術式が一般的ですが、網膜がどのぐらい剥離しているのか、その場所や程度によって、選択される術式も異なるようです。
ちなみに外科手術を行う場合には、入院期間は1週間〜2週間となります。

早期発見なら治療も簡単

網膜剥離の治療は、発見するのが早ければ早いほど、簡単に治療する事ができます。
どの手術でも健康保険は適用されるので、手術にかかる費用はそれほど高くはならないようです。

スポンサードリンク

網膜剥離の治療は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.