目の病気ガイドトップ > 網膜剥離網膜剥離の症状


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

網膜剥離の症状

病状の放置は失明の危険

早期発見できれば完治して視力も元通りになる可能性が高い網膜剥離。
しかし、放置してしまうと最悪の場合には失明という危険もあるので、侮れない眼精疾患です。

網膜剥離の症状について

網膜剥離の症状には、
・視力低下
・眩しい光がなくても、チカチカと光が眩しいように感じる光視症の症状
・視野にゴミがついていたり、虫が飛んでいるように見える飛蚊症の症状
・視野の一部がかけてしまう視野欠損
などの症状が一般的です。

コンタクトレンズや眼鏡を着用している人なら、定期検査などの際に網膜剥離を発見される事も多いようですが、そういった定期的な検査をしていない人にとっては、痛みがない網膜剥離の症状はなかなか見つけづらい事も多いようですね。

光視症・飛蚊症が網膜剥離のサイン

普段から視力に自信がある人は、少しでも見え方が変だなと感じたら、念のために眼科を受診してみてください。眼精疲労が原因で光視症や飛蚊症などの症状が表われる事もありますが、その場合には眼の疲れを取り除いてあげれば症状も治まるはずです。頻繁にこれらの症状が現れる場合には、網膜剥離の初期症状かもしれませんから、速やかに眼科を受診して検査してもらうことが必要です。

定期健診で早期発見を

加齢も大きな原因となる網膜剥離は、40歳をすぎたら定期的な眼科検診を受ける事が必要です。
定期健診を行なえば、自覚症状がほとんどなくても網膜剥離を早期発見する事ができますし、早期治療を行うことで完治する事も可能です。

特に40代になると眼球全体に老化が起きてくるので、硝子体の老化現象によって網膜剥離もおきやすくなってしまったりする事も多いようです。

スポンサードリンク

網膜剥離の症状は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.