目の病気ガイドトップ > 加齢黄斑変性加齢黄斑変性の治療


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

加齢黄斑変性の治療

加齢黄斑変性の治療について

加齢黄斑変性の治療方法は、加齢黄斑変性の種類によって異なります。
網膜の色素上皮部分が萎縮する事によって起きている萎縮型の加齢黄斑変性の場合には、有効な治療方法が見つかっていないので、残念ながら様子を見ることしかできません。

しかし、毛細血管の異常によっておこる滲出タイプの加齢黄斑変性なら、いくつかの治療方法があるので、加齢黄斑変性の進行具合や状態に合わせて適切な治療を行う事になります。

・光線力学的療法
弱い出力のレーザーを病変部分に照射して消滅させるという治療方法で、3ヶ月ごとに経過観察も含めて再治療が必要かどうかを判断する事になります。

・薬物治療
血管内の細胞をコントロールする事によって、新生血管を作らせないような治療を行うのが、薬物治療です。ルセンティスやマクジェンといった薬物を4週間ごとに眼に直接注射する事になります。

・レーザー凝固
黄班部分から新生血管が離れている場合には、レーザーを病変部分に強く照射して、新生血管を消滅させたり破壊したりすることで治療をする事も可能です。
ただし、黄班に近い部分に新生血管ができている場合には、黄班にレーザーがかかると視力が著しく低下してしまうので、リスクを避けるためにレーザー凝固という治療法が選択される事はありません。

・手術 最近ではほとんど行なわれていない治療法ですが、以前は新生血管を取り除くために切開手術が行われていたようです。

その他にも、病変を温めるという治療法や、放射線治療などもあるようですが、国内ではほとんど行なわれていない治療法のようです。

スポンサードリンク

加齢黄斑変性の治療は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.