目の病気ガイドトップ > 加齢黄斑変性加齢黄斑変性の特徴・原因・症状


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

加齢黄斑変性の特徴・原因・症状

加齢黄斑変性とは

加齢が原因で起きる疾患は少なくありません。
加齢黄斑変性もそんな疾患の一つで、加齢によって網膜の中心部分にある黄班という部分に障害が出て、視野の中に見えないスポットができてしまうという疾患が、加齢黄斑変性と呼ばれる疾患です。

ちなみに加齢黄斑変性は欧米では、成人の失明のナンバーワンの原因だそうです。日本国内ではそこまで多くはありませんが、50歳以上の1%が、加齢黄斑変性を発症しているといわれています。

症状について

黄班部分の異常により網膜が腫れてしまったり、網膜の下部分に液体が溜まってしまったりします。
そのため、網膜自身も歪んでしまうので、視野の中心部分が歪んで見えるようになったり、視力が低下して全体的にボンヤリと歪んだような感じでしか見えないなどの自覚症状が表われるようです。

視野の中心が黒く塗りつぶさる

加齢黄斑変性の症状の中でも厄介なのは、中心暗点という症状です。中心暗点はそのネーミングどおり、視野の中心部分が真っ黒く塗りつぶされたようになり、文字を読んだりする事ができなくなってしまうという症状。
この場合には日常生活にも支障をきたしますから、速やかに治療を行う事が必要になります。

色の判別ができない

また、加齢黄斑変性の症状の一つに、色覚異常があります。
この症状は加齢黄斑変性がかなり進行した状態になってから表われる症状で、どの色が分からないという特定な色が判別できないわけではなく、全ての色の判別ができなくなってしまうという症状。この場合にも速やかに治療が必要になります。

スポンサードリンク

加齢黄斑変性の特徴・原因・症状は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.