目の病気ガイドトップ > 糖尿病網膜症糖尿病網膜症とは?症状など


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

糖尿病網膜症とは?症状など

糖尿病網膜症について

生活習慣病の一つでもある糖尿病。糖尿病はそれだけで発症して進行するわけではなく、体のあらゆる場所に別の疾患を引き起こすリスクがあるので、とても恐ろしい疾患としても知られています。
糖尿病が眼と合併症状をおこす事も多く、その中でも糖尿病網膜症は糖尿病との合併症状で起きる確率が30%〜60%と高い疾患というだけではなく、進行すると失明してしまう可能性もあるので注意しなければいけません。

糖尿病にかかると、血液がドロドロとヘドロのような状態になり、細くて繊細な毛細血管などはドロドロの血液を通す事ができなかったりして、詰まりやすい状態になってしまいます。
眼球周辺には視神経や毛細血管も多いのですが、その中でも毛細血管が密集している眼底部分で出血してしまうと、糖尿病網膜症という疾患を発症する事になります。

症状について

糖尿病網膜症は、初期のうちにははっきりとした自覚症状はほとんどなく、初期段階で見つける事は不可能に近いという特徴があります。
多くの場合、糖尿病を最初に見つけて、糖尿病の進行に伴って、目の調子が良くないために眼科を受診し、糖尿病網膜症を発見するという事も多いようですね。

早急な治療が必要

糖尿病網膜症が進行すると、なんとなく視界が見えにくかったり、黒いゴミのようなものが見えるようになったり、視野が欠けたりする症状が出てくるようです。

ただし、こういった症状が出る場合には、糖尿病網膜症がかなり進行してしまっている段階なので、早急な治療が必要になります。

スポンサードリンク

糖尿病網膜症とは?症状などは以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.