目の病気ガイドトップ > ぶどう膜炎ぶどう膜炎の症状・治療


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぶどう膜炎の症状・治療

目以外の部分に症状が出ることも

ぶどう膜炎は、体内に入り込んだ細菌やウィルス、病原体などが血液を通して眼機能のひとつでもあるぶどう膜に入り込んで炎症を起こした状態です。
全身を張り巡っている血液の中にぶどう膜炎の原因があるため、ぶどう膜炎の症状も目の症状だけではなく、体のほかの部分に症状が出る事も少なくありません。

ぶどう膜炎の症状について

ぶどう膜炎が引き起こす眼精症状には、視力低下や飛蚊症、白内障や目の充血、また、視野の一部がかけてしまうなどの症状があります。眼圧異常を起こしてしまうと緑内障を発症して失明するリスクもあるので、目の調子が悪いなと感じたら、すぐに眼科を受診するようにしてくださいね。

眼精の症状以外には、関節炎になったり、口内炎、皮膚炎、下痢や発熱などの症状が出る事も多いようです。これらの症状と合わせて視力異常を感じたりしたら、それはもしかしたらぶどう膜炎かもしれないので、速やかに眼科を受診するようにしましょう。

治療方法について

症状が眼だけではなく全身に及ぶ事が多いぶどう膜炎の治療には、目薬だけではなく内服薬や点滴による治療が一般的です。ぶどう膜炎は合併症を起こすと失明のリスクもある恐ろしい炎症なので、できるだけ早期に治療を始める事が理想的です。

ぶどう膜炎の薬物療法では、炎症を抑えるステロイド薬、白血球の動きを抑えるコルヒチン、関節炎の治療薬としても使われているインフリキシマブ、炎症によって水晶体と虹彩の癒着が起きる事を防ぐ散瞳薬などが使われる事が多いようです。症状や原因によって治療に使われる薬品も異なります。

スポンサードリンク

ぶどう膜炎の症状・治療は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.