目の病気ガイドトップ > ぶどう膜炎ぶどう膜炎とは?原因など


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぶどう膜炎とは?原因など

原因の特定が難しいぶどう膜炎

ぶどう膜炎とは、毛様体・虹彩・脈絡膜の3組織から構成されているぶどう膜が炎症を起こしてしまう状態の事です。ぶどう膜炎は血管やメラノサイトなどが豊富で、眼組織に酸素や栄養を送り届けたり、水晶体の厚さを変えてピント調節したり、また、眼球が乾燥しないように水分補給を行なう働きをしています。

眼機能を正常に機能させるための基盤として機能しているぶどう膜ですが、そこが炎症を起こしてしまうぶどう膜炎の原因は特定されていない事が多いようです。

眼精疾患ではなく症状の一例

ぶどう膜炎は、そういった眼精疾患があるわけではなく、他の眼精疾患や全身疾患などの症状のひとつとして起きる事が多いようです。

中でも、ベーチェット病、サルコイドーシス、原田病などの疾患は、完全な治療が難しい難病として知られている疾患ですが、これらの疾患の症状のひとつとしてぶどう膜炎が起きる事も多いようです。ちなみに、ぶどう膜炎が起きてしまう患者さんの半数は、この3つの疾患によってぶどう膜炎が引き起こされているのだそうです。

ぶどう膜炎を引き起こす病気

ぶどう膜炎を引き起こす疾患は数多くあります。関節炎、皮膚疾患、脳神経疾患、膠原病、腸疾患、糖尿病、血液疾患、耳鼻科疾患、ガンなど、眼機能以外の部分で起きている疾患でも、血液を通してウィルスや細菌、病原体が運ばれてぶどう膜炎を起こす事が多いようですね。

多くの場合には、血液検査などによってぶどう膜炎の原因となる疾患などをある程度特定する事も可能になっているようですが、検査をしても原因不明というケースも20%〜30%程度あるようです。

スポンサードリンク

ぶどう膜炎とは?原因などは以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.