目の病気ガイドトップ > 角膜炎角膜炎の治療・予防


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

角膜炎の治療・予防

薬物治療について

角膜炎になったら、ほとんどの場合には目薬による薬物治療が行われます。
角膜炎は黒目の部分が炎症を起こしている状態なので、抗炎症作用のある目薬で治療すれば、1週間程度で完治できる事が多いようです。しかし、体の免疫力が低下することによって角膜炎が起きている場合には、目薬で治療を行っても、再び何かの拍子に角膜炎が再発してしまうこともあるかも知れません。その場合でも、再発する度に目薬での治療となるようです。

普段からコンタクトレンズを着用している人でも、炎症が治まるまではコンタクトレンズ着用は禁止になるので、角膜炎の治療中にはメガネが必要になります。

コンタクトレンズの使用には注意が必要

最近では角膜炎になって眼科を受診する人が急増してます。それは、カラーコンタクトをつける人口が急増しているから。

もともとコンタクトレンズは視力矯正のためにつける医療目的だったのですが、最近では度がついていないカラーコンタクトをファッションのためにつける人が多くなり、コンタクトレンズの使い方や手入れの仕方などをきちんと知らないまま着用し、角膜に傷をつけてしまうという人が多いようですね。

黒目を傷つけないことが予防につながる

角膜炎にならないためには、必要ない時には黒目に触れないようにする事が何よりも大切です。
コンタクトレンズによる角膜炎を予防するためには、できるだけコンタクトレンズよりは眼鏡をかけたりして、黒目に傷をつけてしまうリスクを減らす事が大切です。

また、体の抵抗力や免疫力が低下すると角膜炎にかかりやすくなってしまうので、普段から免疫力を高める食材を積極的に食べるようにすることも、角膜炎の予防につながります。

スポンサードリンク

角膜炎の治療・予防は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.