目の病気ガイドトップ > 角膜炎角膜炎とは?原因・症状など


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

角膜炎とは?原因・症状など

角膜炎という眼精疾患はない

角膜炎とは、眼球の黒目の部分として知られている角膜部分で炎症が起きている状態の事。
角膜炎ときくと、そういう眼精疾患があるのかなという気もしますが、実際には角膜炎という眼精疾患は存在していません。他の眼精疾患の一つの症状として、角膜が炎症をおこしてしまう角膜炎が起きるのが一般的です。

細菌やウィルスが原因に

眼球は、ほとんどの部分に毛細血管が張り巡らされているため、毛細血管が破れたりする事で炎症を起こしたりする事もあります。しかし、黒目の部分には毛細血管が通っていないので、血液系の全身疾患によって角膜炎が起きる事はありません。

角膜炎が起きるのは一般的に、汚い手で目を擦った時に細菌やウィルスが入り込んでしまったり、コンタクトレンズなどによる傷、そしてドライアイなどが原因となる事が多いようです。
また、免疫力が低下する全身疾患にかかると、角膜部分の免疫力も低下してしまうために角膜炎がおきやすくなることもあるようです。免疫力が低下してしまう全身疾患には、梅毒や結核、リウマチなどがあります。

角膜炎の症状について

角膜炎になると、目の中にゴロゴロしたものがずっと入っているような異物感が続いたり、視力が低下したり、目の痛みを感じたりするようになります。

角膜炎の症状は人によってどんなモノが出るのかも異なりますし、どの程度炎症を起こしているのかによってもことなるので、目の調子が変だなと感じたら、速やかに眼科を受診してくださいね。早期発見することが早期治療にもつながります。

スポンサードリンク

角膜炎とは?原因・症状などは以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.