目の病気ガイドトップ > 結膜炎結膜炎の治療・予防


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結膜炎の治療・予防

結膜炎の治療方法

結膜炎は放置していても体の免疫機能によって自然治癒できるケースがほとんどですが、不快感を最小に抑えてスピーディに治癒するためには眼科を受診して抗生物質の内服薬か目薬を処方してもらうことが必要です。

結膜炎が長引くと合併症を引き起こしてしまう可能性もあるので、自己判断で自宅で自然治癒させようとせずに、速やかに眼科を受診しましょう。

日常生活の工夫で感染を予防する

結膜炎の原因には、最近やアレルギーなどいろいろなものがありますが、どのタイプの結膜炎でも、日常生活を少し工夫したり気をつける事によって予防する事もできます。

例えば、目を擦るのはどんな場合でも結膜炎の原因になります。目がかゆくて擦りたい場合には、石鹸でキレイに手を洗ってからやさしく触る事。汚い手で触るのはどんな場合でもNGです。

また、タオルなどが結膜炎の感染源になる事もあります。バスタオルやフェイスタオルなどのタオル類は、結膜炎患者のものは別洗いにしたり、熱湯で洗ったり、乾燥機にかけたりして細菌を残さないような処理が必要です。キッチンで使うタオル類も、できればペーパータオルなどの使い捨てタイプに代えて、結膜炎の感染を未然に防ぎましょう。

目薬を使う場合には注意が必要

また、結膜炎の治療のために処方された目薬を使う際にも注意が必要です。結膜炎に感染している目に目薬をつけてしまうと、目薬の容器に細菌がついてしまいます。目薬を使う時には、目から離して直接目に触れないように気をつけましょう。

結膜炎の感染を広げないため、感染するタイプの結膜炎にかかっている場合には、治るまで学校はお休みするのも大切です。

スポンサードリンク

結膜炎の治療・予防は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.