目の病気ガイドトップ > 結膜炎結膜炎の特徴や種類


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結膜炎の特徴や種類

結膜が炎症を起こす

結膜炎とは、眼球の白目の部分である結膜の部分が炎症を起こしている事によって、目が充血してしまうという眼精疾患です。
結膜炎には、発症する原因によっていくつかの種類があります。

結膜炎の種類

・ウィルス性結膜炎
汚い手で眼を擦ったり、花粉症などで眼がかゆくてこすってしまったりして、ウィルスや細菌などが原因で発症する結膜炎。目やにが出たり腫れたりする事もありますが、放置していても1週間〜2週間ぐらいで自然治癒する事も多いようです。

・クラミジア結膜炎
結膜だけでなく、正規などの肌の柔らかい部分に炎症を起こしてしまう感染疾患で、眼精疾患ですが性交渉などで感染する事が多いようです。

・細菌性結膜炎
結膜が赤く充血したり、目やにがたくさん出たりする細菌性結膜炎は、最近の種類によっては視力低下してしまうリスクもあります。抗生物質の目薬で治療すれば数日で治療できるタイプの結膜炎です。

・アレルギー性結膜炎
花粉症などのように、体のアレルギー反応によって起きている結膜炎で、感染する事はありません。ただ、花粉症などのように、アレルギーの根源を取り除かない限りは症状もどんどんひどくなっていくことが多いので、早期に治療を始めて症状をできるだけ抑える治療を行います。

合併症の危険も

結膜炎は、それだけなら放置していても自然治癒する事も多いようですが、別の何かと合併して合併症を起こしてしまうと視力が大きく低下してしまうリスクもあるので気をつけてくださいね。

スポンサードリンク

結膜炎の特徴や種類は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.