目の病気ガイドトップ > 老眼老眼の治療


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

老眼の治療

基本的に進行を食い止める治療になります。

老眼の治療にはいろいろなものがあります。
もともと老眼は老化現象によって水晶体のレンズ機能が低下してしまった事が原因で起きているため、どの治療も根本的に老眼治療ができるというわけではありません。
どの治療法を選択しても、老眼の進行を抑える事を目的として行われています。

手術による治療法

老眼の治療の中でもスピーディに治療できるのが、手術による治療方法です。
老眼の治療には、レーシックや老眼治療CKなどがあります。

レーシック治療
レーシックは角膜の表面を削ってレンズのピントを合わせます。
老眼治療CK
老眼治療CKは角膜の表面にコラーゲン成分でレンズの盛り上がりを形成する事でピントを合わせるという手術方法です。

日本ではまだまだ知名度が低いCKですが、欧米ではおなじみの老眼治療になっているようです。
また国内でも最近では取扱うクリニックが増えているので、これから老眼治療としては人気の選択肢になってくるかもしれません。

その他では、遠近両用眼内レンズという、老眼と白内障の両方を治療できる治療があります。
モノビジョンレーシック・アキュフォーカスでも老眼治療の効果が認められています。

矯正による治療法

老眼鏡やコンタクトレンズのようなレンズの装着で、視力矯正ができる治療方法もあります。
その場合には「自分自身で眼筋肉のストレッチをする」「必要ない時には老眼鏡は外す」といった、老眼鏡に頼らない生活習慣も必要になります。
ライフスタイルに合わせて治療法を選ぶようにしてくださいね。

スポンサードリンク

老眼の治療は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.