目の病気ガイドトップ > 老眼老眼鏡の多焦点レンズのメリット・デメリット


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

老眼鏡の多焦点レンズのメリット・デメリット

もともと近視だった人などは、老眼が進行する前には、遠くを良く見えるようにするためのレンズを使用していたと思います。

でも老眼になった時には、遠くを見る効果を残したまま、老眼で「近くが見えづらい」という部分も矯正できるレンズが必要になります。
つまり老眼鏡は、近くも良く見えるようにできて、遠くも良く見えるものが必要になるわけです。

多焦点レンズとは?

老眼鏡には多焦点レンズがあります。
多焦点レンズは、ピントを遠くにも近くにもあわせることができるレンズで、遠近両用レンズとも呼ばれています。

多焦点レンズは、一枚のレンズで遠くも近くも見えるようにする事ができるわけですが、レンズのどの部分にどんな焦点があっているのかは、そのレンズによって異なります。

いくつかの多焦点レンズの特徴

二重焦点レンズ
二重焦点と呼ばれている多焦点レンズは、レンズの上の部分は遠くを見る事ができる焦点になっていて、レンズの下の部分は近くが見やすい焦点になっています。

累進多焦点
累進多焦点レンズと呼ばれる多焦点レンズは、どの部分がどの焦点という境目がなく、遠くも近くも自然に見えるように焦点調節がされています。
そのため、メガネのどの部分を使おうという事を意識しなくても遠近両方が見やすくなっているレンズですね。疲れにくいのも、このレンズのメリットのようです。

メリット・デメリット

多焦点レンズは、遠近両方見えるというメリットがあります。
しかし裏をかえせば、遠近両方をみるためにどちらも視野が狭くなってしまったり、目がつかれやすくなってしまうというデメリットもあります。

スポンサードリンク

老眼鏡の多焦点レンズのメリット・デメリットは以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.