目の病気ガイドトップ > 老眼老眼鏡の単焦点レンズのメリット・デメリット


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

老眼鏡の単焦点レンズのメリット・デメリット

老眼の症状の一つが眼球のレンズ的な役割をしている水晶体の老化現象によって、ピント合わせが上手くできなくなることです。
この場合は、一般的に遠くは良く見えても近くの物体が見えづらくなってしまう事が多いようです。

もともと視力に自信がある人なら、単に見えづらくなった近くのものが見えるような老眼鏡があれば用は足りるかもしれません。しかし、近視や遠視、乱視などを抱えていた人にとっては、そんなに簡単に老眼鏡を決める事ができるわけではありません。

単焦点レンズのメリット

老眼鏡の中でもただ単に近くを見るためにめがねを作る場合には、単焦点レンズがおススメです。
短焦点レンズは、焦点を一定の距離に固定してあります。
逆に焦点があっていない距離のものを見る時には、老眼鏡を外さなければ行けないというデメリットがあります。

単焦点レンズが向いている方

単焦点レンズがおススメなのは、仕事などでパソコンワークやデスクワークなど、1日の大半を同じ距離のものを見て過ごす人や、手芸や図面作成など、近くの距離を見ながら細かい作業を行う人など。
こういった場合には、作業をする時に老眼鏡をかけるだけで視野がクリアになるというメリットがあります。

ただし、近くが見えるような単焦点レンズをかけて遠くを見る場合には、老眼鏡を外さなければいけないというデメリットがあります。
近くや遠くなど、モノまでの距離に関係なく生活している人にとっては、単焦点レンズでは、老眼鏡を掛けたり外したりする頻度が頻繁になってしまうので面倒です。

スポンサードリンク

老眼鏡の単焦点レンズのメリット・デメリットは以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.