目の病気ガイドトップ > 老眼老眼鏡の選び方


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

老眼鏡の選び方

視力低下に伴って最もスピーディで格安に視力を矯正する事ができる方法といえば、老眼鏡というめがねを使う方法ですね。

老眼鏡はめがねショップで気軽に購入できますし、ネットで購入する事も可能です。
また、オシャレなフレームなどで老眼鏡を作れば、老眼鏡という言葉の響きからイメージするようなものとは異なる、オシャレでファッショナブルな老眼鏡を作る事も可能です。

買い替えも考慮に入れて選ぶ

老眼鏡を選ぶ時には、ファッション性だけで選ぶのではなく、使用感も大切にしなければいけません。
人気の細めフレームなどは、掛けた時に自然に見えてオシャレですが、視野が狭くなってしまうというデメリットがあります。

また、老眼の進行に合わせて老眼鏡の度数も交換していかなければいけないので、あまり高価なレンズではもったいないような気もします。
数ヶ月ごとにレンズを買い替えなければ行けないかもしれないという事を想定しながら、できるだけリーズナブルに購入出来る老眼鏡を選ぶ事も大切です。

老眼鏡の重さも確認しましょう。

老眼鏡の重さも重要です。
重過ぎると負担になりますし、かけている事が苦痛になってしまいます。
できるだけ軽量の老眼鏡を選んだ方が、老眼鏡をかける事に対して抵抗を少なくする事ができるというメリットもあるようです。

老眼鏡以外の方法も組み合わせて進行を抑える

老眼鏡を使用している人でも、老眼鏡ばかりに頼らずに、老眼の進行を食い止めるような眼筋肉のストレッチ体操などは必要です。
また、必要ない時には老眼は掛けないようにして、できるだけ老眼に頼らない生活をするのも好ましいと言われています。

スポンサードリンク

老眼鏡の選び方は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.