目の病気ガイドトップ > 老眼老眼の検査について


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

老眼の検査について

眼科で診てもらいましょう

老眼かどうかを検査するには、眼科を受診する事が必要です。
老化現象の一つとして起きる老眼という症状は、40代以上の人なら誰でも老眼になる可能性をもっています。

しかし、ライフスタイルなどによって、40代以上でも老眼ではなく単なる視力低下や眼精疲労だったということもあります。そのため、自分で老眼かどうかを判断せずに、きちんと眼科を受診して検査する事が大切です。

老眼の検査の内容

水晶体の検査をするといっても、痛みや苦痛を伴う検査をするわけではありません。
眼科での検査では、視力検査をするような感じで、顕微鏡のような機械を覗くだけで、視力をチェックすることができたり、焦点距離を測る事ができます。
そういった各種の検査から、光の屈折による水晶体の厚さや弾力性を検査する事も可能です。

検査は簡単です。

めがねを作った経験がある人ならわかると思いますが、光の屈折率はその人によって異なります。
そして、光の屈折率によってめがねのレンズの度数が計算されて、自分にピッタリのレンズを選ぶ事ができます。
老眼検査でも同じ機械が使われるので、検査はとっても手軽でスピーディに行なわれます。

検査に役立つ老眼のしくみ

老眼は、眼球のレンズとして機能している水晶体が弾力性を失ってしまうことにより、近くのものを見る時にピントが合わなくなってしまう事が原因です。

近くのものを見る時には、水晶体がピント合わせをするためにレンズの厚さを厚くします。
レンズの厚さを調整するのは水晶体の弾力性。
弾力性が低下してしまった水晶体では、レンズの厚さがどんどん薄くなってしまうので、遠くを見るのは問題なくても近くを見る事が難しくなってしまうというわけです。

スポンサードリンク

老眼の検査については以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.